子供部屋に関しての話

子供部屋に関しての話

子供部屋に関しての話 子どもが生まれてそれまでにしっかりと人生設計をしている人ならば子ども用の子供部屋を用意していることもままあるでしょう。もちろんそれは非常によいのですがやはりそれもうまくやらなければいろいろ問題がでてくるものです。まず子供部屋というのは子どものためにあるものということを忘れてはいけません。大人の中には子どものためといいつつ自分が好きなもので飾り立てたりおしゃれのためといって自分のセンスで並べる人もいますが実際問題子どものためになっているかは疑問があるものです。

やはり子どものためを思えば実用性重視です。なるべく角の丸いもので構成し、家具といったものにはクッションをつけるのもいいです。それで見た目が多少今一つになったとしてもそれはしかたのないことです。そして色もあまり飾りたてずきらきらしたものよりは比較的落ち着いたものがいいでしょう。子どもが使うものですから子ども目線になることも大事です。子どもの視点は低く、それゆえに高い位置に何かがあると興味を持ったり怖く感じてしまうこともあるものです。ですからできるだけそうしたことがなく、安心して過ごせるような配置にしてあげたいものです。幼少期から愛情をしっかりあげて育ててあげましょう。